前回インタビューを成功したのは埼玉入間市、実は半田であい、以前からサクラの契約社員をしていない五人の男子!
駆けつけたのは、40才のメンズクラブで働くAさん、埼玉入間市普通の学生Bさん40才の、売れっ子アーティストのCさん、埼玉入間市某芸能事務所に所属するというDさん、埼玉入間市お笑いタレントを目指すEさんの五人です。
筆者「始めに40才の、辞めた原因からうかがってもよろしいでしょうか。Aさんから順にお願いします」
A(昼キャバ勤務)「私は40才の、女性の気持ちが分からなくて始め方がわかりませんでした」
B(大学1回生)「オレは埼玉入間市、荒稼ぎできなくてもいいと思って躊躇しましたね」

埼玉入間市 40才の 半田であいは俺の嫁

C(シンガー)「俺様は、埼玉入間市シンガーをやってるんですけど埼玉入間市、まだ新人なんで少ししか稼げないんですよ。有名になる為には身近な所からこつこつ下積みするのが大事なんで埼玉入間市、、40才のこういう仕事をやって、40才の差し当たってアンダーグラウンドな体験を増やそうと思って」
D(某音楽プロダクション所属)「俺様は、埼玉入間市○○って音楽プロダクションに所属して音楽家を夢見てがんばってるんですが埼玉入間市、一回の出演で500円だけしか貰えないんで…先輩から紹介を受けたサクラのバイトをやっていたんです」
E(コメディアン)「本当のところ埼玉入間市、小生もDさんと似た感じで、40才のコントやって一回多くて数百円の貧しい生活してるんです。先輩に教えていただき40才の、ゲリラマーケティングの仕事をすることを決心しました」
意外や意外埼玉入間市、五名中三名が芸能事務所に所属しているという贅沢なメンバーでした…、埼玉入間市だが話を伺ってみるとどうやら、40才の彼らにはステマ独自の仰天エピソードは無さそうでした…。