先月聴き取りしたのは、四日市出会い系言うなら、50歳代女性現役でゲリラマーケティングのパートをしていない五人の男子!
駆けつけたのは、四日市出会い系キャバクラで働いていたAさん四日市出会い系、この春から大学進学したBさん、四日市出会い系クリエイターのCさん50歳代女性、某芸能プロダクションに所属していたDさん四日市出会い系、お笑い芸人を目指すEさんの五人で
筆者「では先に、四日市出会い系やり出すキッカケから聞いていきたいと思います。Aさん以外の方からお願いします」
A(メンズキャバクラ勤務)「俺様は、四日市出会い系女性心理が理解できると思い始めることにしました」
B(貧乏学生)「僕は、四日市出会い系稼げなくてもいいと思って開始しましたね」

不思議の国の四日市出会い系 50歳代女性

C(歌手)「僕は50歳代女性、歌手をやってるんですけど四日市出会い系、まだ新米なんでそこそこしか稼げないんですよ。有名になる為にはくだらないことでもこつこつ下積みするのが大事なんで、四日市出会い系、こんなバイトやりたくないのですが四日市出会い系、何よりもまずアンダーグラウンドな経験を重ねようと思って」
D(有名芸能事務所所属)「うちは四日市出会い系、○○って芸能事務所にて芸術家を目指し励んでるんですが50歳代女性、一回のリサイタルで500円ぽっちしか頂けないんで…先輩に紹介していただきサクラのバイトを嫌々やってるんです」
E(コメディアン)「本当のところ四日市出会い系、うちもDさんと似たような感じで、四日市出会い系1回のコントでもらえて数百円の貧乏生活してるんです。先輩に教えていただき、50歳代女性ゲリラマーケティングのバイトをするに至りました」
驚くべきことに、四日市出会い系メンバー五人中三人がタレントプロダクションに所属中という華やかなメンバーでした…50歳代女性、それなのに話を聞き取っていくとどうやら50歳代女性、彼らにはステマ特有の悲しいエピソードがあるようでした…。