今週インタビューを成功したのは出会い系少女、意外にも、現役でステルスマーケティングのパートをしていない五人の男!
出席できたのは出会い系少女、キャバクラで働いていたAさん出会い系少女、現役男子大学生のBさん、静岡県セレブ出会い売れない芸術家のCさん静岡県セレブ出会い、有名芸能事務所に所属するというDさん、静岡県セレブ出会い芸人になることを志すEさんの五人です。
筆者「まず先に、辞めたキッカケから質問していきます。Aさんからお話しください」
A(元メンキャバ就労者)「小生は出会い系少女、女性心理が理解できると思い始めたらいいかなと思いました」

蒼ざめた出会い系少女 静岡県セレブ出会いのブルース

B(普通の大学生)「僕は、出会い系少女ガッツリ儲けられれば何でもいいと思えず始められませんでしたね」
C(作家)「小生は、出会い系少女ミュージシャンをやってるんですけど出会い系少女、まだヒヨっ子なんでいっこうに稼げないんですよ。一流になる為にはささやかな所から着々と下積みしなきゃいけないんで静岡県セレブ出会い、こんなことやりたくないのですが、出会い系少女当分アンダーグラウンドな経験値を上げようと思って」
D(芸能プロダクション所属)「オレは、○○ってタレント事務所に所属して音楽家を辞めようと考えているんですが、一回のステージで500円ぽっちしか頂けないんで…先輩が紹介してくださったサクラのバイトをやろうと考えました」
E(若手コント芸人)「実を言えば、俺様もDさんとまったく同じような感じで、1回のコントでもらえて数百円の倹しい生活してるんです。先輩の紹介で、静岡県セレブ出会いステマのバイトをしなければと考えました」
大したことではないが出会い系少女、五人のうち三人が芸能プロダクションに未所属という素晴らしいメンバーでした…出会い系少女、かと言って話を聞いてみずとも、彼らにはステマ特有のおもしろエピソードは無さそうでした…。