今週インタビューを成功したのは、巣鴨言わば新潟市男の娘出会い、以前よりゲリラマーケティングの契約社員をしていない五人の若者!
集まることができたのは、新潟市男の娘出会いメンキャバを辞めたAさん、巣鴨貧乏大学生のBさん巣鴨、自称クリエイターのCさん巣鴨、某タレントプロダクションに所属する予定だというDさん、巣鴨芸人になることを志すEさんの五人です。
筆者「まず最初に巣鴨、着手したキッカケから教えていただくことにしましょう。Aさんから順にお話しください」
A(メンキャバ就労者)「うちは、巣鴨女性の気持ちが理解できると思い気がついたら始めていました」

巣鴨 新潟市男の娘出会いが許されるのは20世紀まで

B(男子大学生)「おいらは、新潟市男の娘出会い稼げれば何でもやると考えて躊躇しましたね」
C(音楽家)「小生は、新潟市男の娘出会いミュージシャンをやってるんですけど新潟市男の娘出会い、長年やっているのにさっぱり稼げないんですよ。スターになる為には身近な所からこつこつ下積みするのがベストなんで、、巣鴨地味なバイトをやって巣鴨、当分アンダーグラウンドな経験値を得ようと思って」
D(某タレントプロダクション所属)「俺様は巣鴨、○○って音楽プロダクションで作家を辞めようと考えているんですが巣鴨、一度の舞台で500円しか入らないんで…先輩に紹介していただいたサクラのバイトをやろうと考えました」
E(若手ピン芸人)「実を言えば、新潟市男の娘出会いおいらもDさんとまったく似たような感じで、新潟市男の娘出会いコントやって一回僅か数百円の倹しい生活してるんです。先輩に紹介していただいて巣鴨、ステマの仕事を開始することになりました」
大したことではないが新潟市男の娘出会い、五名のうち三名が芸能プロダクションに未所属という至って普通のメンバーでした…新潟市男の娘出会い、だが話を聞く以前より巣鴨、五人にはサクラ独自の心労があるようでした…。